ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

Thnderbirdアドオン clamdribの導入
MacOSXでメーラーをThunderbirdを使用しているのだが、
メールのウィルス検知に関してはClamXavではどうにも
不便で仕方がない。

メールが実際に保存されるプロファイルのディレクトリを
スキャン対象のすればよいと思ったのだが、そうしていると
もしなんらかのウィルスメールが検知された場合、
メールが格納されているInboxごと丸ごと(振り分けしてるので
あれば振り分け先が丸ごと)が全部削除/隔離対象になってしまい、
実際どのメールがダメなのか掴めない。
何度か「削除しますか?」「はい」で酷い目にあった。

Thunderbird側の設定で環境設定→プライバシー→ウィルス対策、

「受信したメッセージは一旦個別の一時ファイルとして保存~」
にチェックを入れてみてるが、なんだかいまいちダメそうだ。

どうしようもないのかと思ってたら、Thunderbirdのアドオンで
calmdribというものがあるのでそれを導入してみた。



clamdribはMacOSXだけに限らず、ClamAVのThunderbirdアドオンと
いうことなのでLinuxとかでも使えるみたいだ。

Thunderbirdへのアドオン追加は、他のアドオンと同様
ダウンロードしてツール→アドオン→インストールでOK。


MacOSX + ClamXavでの注意事項として

For ClamXav:

You need to set up /usr/local/clamXav/etc/clamd.conf so that localhost and port settings are correct.

TCPSocket 3310
TCPAddr 127.0.0.1
StreamMinPort 30000
StremMaxPort 32000

If clamd was running, you have to kill it (stopping ClamXav Sentry isn't enough). When you restart things, then clamdrib SHOULD be able to connect correctly.

とのことで、clamd.confの設定変更とclamdの再起動が必要です。
デフォルトだと上記4つの設定値は無効にされていたので
ぺこぺことファイルを書き換え、どうやってclamdを再起動するか
イマイチわからなかったのでOSを再起動。


導入後は、Thunderbirdのツール→アドオンから
clamdribのアドオンの設定を選んで
Test settingをしてSuccessなら動いてるみたい。

メールの件名のところにClam AV status: CLEAN
という表示と右下にclamdribのアイコンがでるようになりました。

↓サンプル画像(クリックで拡大されます。)
clamdrib_working


メールを選ぶたびにここが scan progress って一瞬表示され
チェックしてる感じがします。
まだ、CLEAN以外のものに出くわさないので暫くは検証ですね。



関連記事

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

Mac | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - Thnderbirdアドオン clamdribの導入
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2008/09/06(土) 22:08)

<<新型MacBook/MacBook Pro発表 | ホーム | MacBookの光学ドライブ交換>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/98-a72eba19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。