ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

Cygwinで遊ぶ
Cygwinもインストーラーの出来が良くなり、
非常に簡単にインストールできるようになりました。

Cygwinってなに?
とか聞かれたらどう回答すればいいのか悩みます。
Windows上で動くLinux (Unix) 環境、なんですかね?

で、私がCygwinを使う目的はというと


やはりXサーバーですね。

最近はSolarisでもGUIじゃないと設定できないものも
多くありまして、なかなか頭を悩ましてくれます。

Windows上で動くXサーバーは決まって商品ですし、
ASTEC-X とか高くて買えないし、X-Deep/32とかためしたけど、
うーん・・・・駄目だ。なんかうまくいかない。


表示言語の壁はありますが、英語表記で我慢したり、
ローカルでフォントサーバー(xfs)上がるようにとか仕込めば
CygwinのXで大体やりたいことはできるような感じがします。

ちなみにデフォルトの導入だとX関係はちっともインストールされません。
Cygwin-setupのときにXのところをInstallにしとかないと駄目です。

っていうか、moreコマンドが無かったので驚いた。


関連記事

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

ソフトウェア | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - Cygwinで遊ぶ
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2005/09/22(木) 15:22)

<<WinMX閉鎖? | ホーム | FedoraCore4インストール>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/9-88f893b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。