ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

bondingの設定
Linuxではbondingという方法を用いてNICの冗長化ができます。
bondって名前の仮想のインターフェースを作るのです。

さて、bondingの設定の記述はkernelのバージョンによって
若干異なってくるのですが、RHEL4対応での例を挙げます。



まず、/etc/modprobe.confの編集。

  :
  :
 alias eth0 e1000
 alias eth1 e1000
 alias bond0 bonding
 options bonding mode=1 miimon=100


mode=1 はActibe-Backup構成の意。
0にしたらロードバランシングしてくれますが、
接続するSW-HUBでチャネルを組むとかの設定が必要。
他にも2とか3とかあるりますが割愛。

miimon=100 はMIIリンクでbondingメンバーのNICの死活を監視。
つまりリンクアップしてればNICが活きてるってことを判断。
単位はミリ秒。デフォルトだと0ミリ秒。
SolarisのIPMPみたくARP監視もできる。その場合は

 options bonding mode=1 arp_interval=1000 arp_ip_target=192.168.0.254

となるが、もちろんtarget先にarpが届かないとダメ。


で、デフォルトではbondingインターフェースは1個だけしか
作れない、なのでbondingを複数組むときは

 options bonding mode=1 miimon=0 max_bonds=3

とすればbond0,bond1,bond2と3つ作れるが全部同じ設定になる。
これではあまりよろしくない場合、例えば、eth0とeth1で
bond0を構成してActive-Backupにしといて、eth0をActive系に
指定したい場合なんかは

 options bond0 mode=1 miimon=100 primary=eth0

なんてprimary=の値に指定を書けばいいが、加えて
かつeth2とeth3でbond1を構成したいって場合はmax_bondsで
数を増やすのは使えないですね。
そういう場合は

 options bond0 mode=1 miimon=100 primary=eth0
 install bond1 /sbin/modprobe bonding -o bond1 mode=1 miimon=100 primary=eth2
 

という風にinstall~で追加してあげないとダメです。
modeを各bondで変えたいときもしかり。


modprobe.confを編集したら、各インターフェースの
設定ファイルも変更します。bondのは新規作成ですね。


/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0を編集する

 DEVICE=bond0
 BOOTPROTO=static
 BROADCAST=192.168.0.255
 IPADDR=192.168.0.100
 NETMASK=255.255.255.0
 NETWORK=192.168.0.0
 ONBOOT=yes
 TYPE=Ethernet


/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0の編集

 DEVICE=eth0
 BOOTPROTO=none
 ONBOOT=yes
 TYPE=Ethernet
 MASTER=bond0
 SLAVE=yes


/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1の編集

 DEVICE=eth1
 BOOTPROTO=none
 ONBOOT=yes
 TYPE=Ethernet
 MASTER=bond0
 SLAVE=yes

ま、こんな感じで。
MASTERに所属するbondの名前、
SLAVE=yesにしとくけばいい、なシンプルです。

あとはrebootしたら反映されるはずです。


いちおうまとめてみました
サンプル1 サンプル2


bondingの状態を確認するには

 #cat /proc/net/bonding/bond0

とかで状態の確認可能です。
LANケーブルを抜いたりしたら即座に切り替わってくれます。

関連記事

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

Linux | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - bondingの設定
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2008/05/28(水) 00:43)

<<bonding設定サンプル2 | ホーム | AVG Anti-Virus Free Edition 8.0>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/83-6fa156f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。