ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

WindowsServer2008を試したい
WindowsServer2008の評価版がMSのダウンロードセンターから
手に入れれるようになったみたいです。

ここから↓

WindowsServer2008評価版



理由あって2008(略したらw2k8ですかね?)をインストールとか
しなきゃならんのでなんとなく助かります。
最長で240日も評価期間をのばせるそうです。
試すだけなら正規ライセンスいらないじゃん、ホントに。

システム用件を見る限りだと、VMwareとか仮想環境でも
スペック的には突っ込めそうなので、とりあえずうちの
Parallels(いまだに2.5ですが)でインストール中。



最初、OSの種類を2003にして仮想マシン作ってみましたが
w2k8のisoイメージでbootしたらBIOSのACPIサポートがない
からダメとか怒られてダメでした。
Vistaってことにしとけばいいみたい。ふーん。

さて、ダウンロードするisoイメージって
StandardもEnterpriseもDatacenterも同一らしいです。
後からプロダクトキーを入手してライセンス認証すれば
普通に使えるらしい。へぇ。


そういえばw2k8が登場するにあたってMSの資格関係も
かなり様変わりするみたい。
2008用のMCTSとその上にMCITPが新設されたらしい。

MCSEの取得を目指してた人はタイミングの悪い感じ、かな?


関連記事

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

Windows | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - WindowsServer2008を試したい
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2008/03/24(月) 01:19)

<<bonding設定サンプル1 | ホーム | Solaris10でIPMPを使う>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/80-3742a372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。