ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

MacBookメモリ増設
MacBook発売当初よりメモリとHDDの交換作業は
とても簡単だとあちこちで記事にになってるので
今更な話題ですが、メモリの増設をしました。
(すいません、ネタがないんです)

近い将来のLeopard化を考慮して、いや、
まだOSのバージョンアップの必要性は感じていないのですが、
昨年末くらいからのメモリ価格の急落具合から考えると
いまやっとくしかないでしょうーって感じで。


規格はPC2-5300(DDR2-667)のノート向けなので200pinのやつ。
初代MacBookなので3GBが機器の上限ですが、2GBx2枚にするには
費用対効果があまりないと考え、1GBx2枚で計画実行。

私の場合はSAMSUNG製の1GBを1枚2980円で仕入れられました。

今の楽天での価格はこんな具合





いやホント値段みたら本体購入時に上限設定にしないでよかった、
という感じ。


さて、交換はバッテリーを外して金属カバーの数カ所のねじを
外せば、そういうのに慣れてる人なら30分もかからない作業。


メモリ交換後はOS起動してシステムプロファイラとかで
ちゃんと増えてるか確認とか。本当はハードウェアテストの
プログラムを実行したほうがいいんでしょうけど。

メモリ増設の効果は、、、
1GB→2GBの増設だったのでそんなに変わらないのでは?
と思ってましたがびっくりするくらい快適になりました。
特にParallelsを動かしてたら今までなんかホスト、ゲストともに
もたもたしてることがあったのですが解消されていい感じ。
ParallelsのWindowsでGyao動画閲覧もスムーズ。

やっぱりWinにしろMacにしろ他OSでも、メモリの増量って
重大な効果が出るものですねぇ。


関連記事

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

Mac | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - MacBookメモリ増設
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2008/02/06(水) 23:27)

<<Solaris10でIPMPを使う | ホーム | RHEL5をローカルでyumを使ってupdate>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/78-4d8ce11c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。