ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

RHEL5をローカルでyumを使ってupdate
RHEL5からはパッケージ管理にyumが使えるようになりました。
これまでめんどくさかったrpmの依存関係もコレで簡単に。

しかし、普通はRHNにシステムの登録しとかないとyumで
updateかけようとしてもできませんし、インターネットに
接続できる環境でないと基本的にはあまり使えなかったりします。

でも今回はせっかくupdate1もリリースされているので
OSのisoイメージをローカルにマウントし、yumを使って
バージョンアップを試みます。



yumのコマンドでパッケージ情報の参照先は
/etc/yum.repos.d/の下にリポジトリファイルがあって
そこの中身を見ています。
標準だとredhat-debuginfoのファイルしかないはずです。

ここに新たに設定ファイルを作ってしまえばよいのです
適当に/etc/yum.repos.d/local.repo とか作ることにします。

書式としては以下な感じ。

[repo-name] (名前。適当に)
name= (名前、判別しやすいのをつけましょう)
baseurl= (リポジトリDBのあるpath) 
enabled=1 (1で有効、0だと無効)
gpgcheck=0 (1だとGPG-KEYのチェックありだが0でも可)


さて、RHEL5.1のisoイメージの中身を確認しますと
Cluster、ClusterStorage、Server、VTというディレクトリがあり、
その各ディレクトリの中にはrepodataというディレクトリ、
さらにその中にxmlファイルとかあります。

ということはこのリポジトリDBを使えばいいじゃん、とか
思ったのですが、そうはうまくいきませんでした。

例えば/mntにisoイメージをマウントするとして

baseurl部にfile:///mnt/Server/

としてlocal.repoを作成、yum updateを実行したら
パッケージの情報は取得できていますが、
実際にrpmファイルをDownloadしようとする時に

IOError: urlopen error unknown url type: media

なんていうふうに怒られまます。
どうもrepodataディレクトリ内のreopomd.xmlを覗いてみたら
locationがmedia://で始まるところになってます。
これじゃダメだ、使えない。

なのでcreaterepoコマンドでローカルに新しくリポジトリDBを作ります。


# mount -o loop rhel-5.1-server-i386-dvd.iso /mnt
# mkdir /tmp/Server
# createrepo -o /tmp/Server/ -g /mnt/Server/repodata/comps-rhel5-server-core.xml -u file:///mnt/Server/ /mnt/Server/

-o はリポジトリの出力先
-g はグループファイルをコピる
-u は実際のrpmのあるurlを記述

こうしますと、暫くした後/tmp/Server/にリポジトリDBが
作成されます。2000個以上パッケージがあります。
同様にVTやCluster、ClusterStorageに関してもローカルに
リポジトリを作ってみたら、これらは30個ちょい。

で、/etc/yum.repos.d/local.repoを編集。
以下にしてみました。

-------------------------------
[Server]
name=local_Server
baseurl=file:///tmp/Server/ 
enabled=1
gpgcheck=0

[VT]
name=local_VT
baseurl=file:///tmp/VT/ 
enabled=1
gpgcheck=0

[Cluster]
name=local_Cluster
baseurl=file:///tmp/Cluster/ 
enabled=1
gpgcheck=0

[ClusterStorage]
name=local_ClusterStorage
baseurl=file:///tmp/ClusterStorage/ 
enabled=1
gpgcheck=0
-------------------------------

で、updateかける前に最初にbaseurl=file:///mnt/Server/で
キャッシュされた情報を削除するため、yum clean all を実行。

その後、yum updateしたら無事にRHEL5.1になりました。


ちなみにこの状態で yum gruoplist すると
Virtualization や Clustering ってのも登場しますので

yum groupinstall Virtualization

を実行したらXen環境に必要なパッケージがインストールされます。

最初にOS入れる際にインストレーション番号を入れなくても
仮想化環境とかクラスターとか構築可能になります・・・


関連記事

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

Linux | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - RHEL5をローカルでyumを使ってupdate
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2008/01/24(木) 23:24)

<<MacBookメモリ増設 | ホーム | MacBookの電源が突然落ちた(3)>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/77-f93b0845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。