ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

MacBookの電源が突然落ちた(3)
あきらかにパッテリーが壊れてそうなので
バッテリーアップデート1.2の現象の複数個ってのには
該当しませんが、アップルストアにいってみました。

事前にネットでジーニアスバーを予約してたのに
15分以上待たされて、重たいMacBookを持ってるのに
ちょっとイラっとしてたら呼ばれました。

隣の爺様の対応が長くかかってるっぽい。
手厚いご指導ですから、仕方がないのか。


まぁ念のため前日に不具合発生を確認し、
ほぼバッテリーが干上がった状態にしといたのですが、
対応してもらったお店の人に開口一番、

「バッテリーで動かしてて残量が40%切る頃になると
突然電源が落ちちゃう。その後はACアダプタじゃないと
まず起動できない。で、起動後はなぜか残量が0%で
システムプロファイラでみたらバッテリー残量のmAhが
極端に少ない。アップデートプログラムは適用した。
PMUもリセットしたっす。」

と言ったところ、ちょっとシリアル番号とか充電回数とか
確認された後、「交換になりますね、在庫みてきます」
と奥の方に消えた後、新品のバッテリー持参で戻られました。

交換する前に無償か有償か言われなかったので不安でしたが
不具合が起きうる対象のバッテリーですので無償交換だと。
新品バッテリーに換装してもらって充電開始の確認ができたら
書類にサインして終了。対応も15分とあっけなかったです。

先ほどから試してますが、残量5%になっても
電源断も発生せず無事に復旧している模様です。


ああ、よかったよかった。

でも、交換したバッテリーの保証は90日だよーんとのことで
2年に延長されたバッテリーの保証期間を考えると、
もうちょっと経って持っていった方がよかったのかなー
とか貧乏くさいこと思ったり。


関連記事

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

Mac | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - MacBookの電源が突然落ちた(3)
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2008/01/21(月) 00:49)

<<RHEL5をローカルでyumを使ってupdate | ホーム | MacBookの電源が突然落ちた(2)>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/76-69ed9945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。