ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

Fedora7が登場
RHEL5がでたなーとか思ってたらFedoraもあたらしいの、
Fedora7がでちゃってました。
今回からCoreとExtrasの区分がなくなったらしいですね。
Coreしか触ったことないからよくわからないんですけど。

んでもって何が目新しいかというと
KVMですよKVM。KVMスイッチじゃなくて
Kernel-based Virtual Machine という
また新しい仮想化技術の一つです。



Linuxで仮想化っていったらもうXenって感じでしたが、
Xenとはまた異なるアプローチらしい、
どちらかっていうとVMwarePlayerとかVMwareServerの
ようなもののほうに近いらしい。

真意はともかく、XenはMSと手を組んだから
redhatはKVMで対向するつもりなんだっていう記事も
どこかで見かけました。
・・・さて、Sunはどうするんだろ。


GUIを使ってペコペコ仮想マシンを作る方法を見た感じでは
簡単に構築できそうですね(コチラ参考
パフォーマンスの程度はどんなものなんでしょうか?
気になるけどVT-xを搭載した試せるマシンが見当たりません。


時代はまさに仮想化一色、仮想化過多時代ですねー


関連記事

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

Linux | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - Fedora7が登場
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2007/06/05(火) 23:54)

<<RHEL5でXen | ホーム | Parallels Desktop 3.0 for Mac がでるそうです>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/60-977566ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。