ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

シリアルコンソールの設定
Linuxを動かしてる機器でシリアルコンソールを使用する為のメモです。
でも結局この設定をするには、最初にキーボード・マウス・モニターの
3点セットが必要だったりします。

まず。普通にキーボード・マウス・モニターを繋げて
ごく普通にLinuxをインストールします。
この段階で ssh とか telnet とかでシステムにログインできるように
しておくことをお勧めします。
もし間違ったときにシステムへログインできなくなります・・・

今回は対象OSがRHEL4でgrubを使ってるとき、
シリアルコンソールは一般的な 9600bps 8bit No-parity とかで
使うときの設定事例です。



(1)BIOSの画面出力をコンソールに向ける
 これは対象機器のハードウェア仕様に依存するので
 やりたいマシンでできるかどうか確認しなきゃいけないです。
 HPのIAサーバー、Proliantシリーズとか可能です。
 DELLとか富士通とかもできるだろうけど、知らない・・・
 SunのX4100とかX4200とかもできるけど・・・ちょっと特殊。
 最悪設定できなくても、電源OFF/ON時のBIOSのブート出力がでないとか
 リブートしたときに起動の様子がわからないだけで、OS側の設定に
 問題さえなければちゃんとシリアル出力してくれるはず、です。


(2)/etc/grub.conf (/boot/grub/grub.conf)を変更
 grub.confはいろいろと変えます

・グラフィカルなgrub起動を止めるため(じゃないとテキスト表示できない)
 splashimage=(hd0,0)/boot/grub/splash.xpm.gz
 をコメントアウトします。
 hiddenmenu
 もコメントアウトしてメニューを隠さないようにしたほうがわかりやすい。

・grubのブートメニューが使うシリアルパラメータの行を加えます。
 serial --unit=0 --speed=9600 --word=8 --parity=no --stop=1

 unit=0はいわゆるCOM1ポートを意味します。
 あとはおなじみのシリアルポートのパラメータ。
 環境によっては115200とか38400とか。

・grubのブートメニューの出力先デバイスを設定します
 terminal serial
 シリアルポートってことですね。

・kernelパラメータの末尾にconsole=ttyS0,9600n8r を加えます。
 デフォルトで記述されている rhgb と quiet は削除しましょう。
 rhgb ・・・起動時に詳細を隠してるグラフィカルなあれ。
 quiet ・・・これ付けてるとドバドバ出る起動時の情報が隠される。

 → grub.conf のサンプル


(3)/etc/inittabを変更
・テキストログインにするので
 id:3:initdefault: とします。

・最終行に
 co:2345:respawn:/sbin/agetty -h 9600 ttyS0 vt100
 を追加します。シングルユーザーモードはgetty不要なので
 設定不要らしい・・・よくわかりませんすいません。

 → initatab のサンプル


(4)/etc/securettyを変更
 最終行に
 ttyS0
 を追加して root が ttyS0 にログインできるようにします。

 → securetty のサンプル


(5)/etc/sysconfig/kudzuを変更
 SAFE=yes に変更して初期化中のシリアルポート、PS2マウス、DDC(モニタ)の
 プローブが行われないようにします。

 → kudzu のサンプル


(6)/etc/sysconfig/initを変更
 BOOTUP=serial に変更して起動時のカラー表示を止めます。
 ターミナル側がカラー表示できるなら、別に必須じゃないです。


上記設定をして、シリアルポートにRS232CのクロスケーブルでPC間を接続して、
TeraTERMとかにコンソール出力できればOKです。


あと、この記事はココ
http://www.shoshin.co.jp/computer/lsi/scs/faqlinux.html
を参考に
させていただきました。

関連記事

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

Linux | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - シリアルコンソールの設定
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2006/06/05(月) 17:44)

<<MSの Virtual Server 2005 R2 はどうかな? | ホーム | シリアルコンソール時のkudzuのサンプル>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/30-7e870f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。