ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

ちょっとした設定
インストール後、
別にネットワークの通信も問題ないから
あんまり何も気にしなかったけど
おもむろに netstat -nr とかして
ルーティングテーブル確認してみたら

169.254.0.0 0.0.0.0 255.255.0.0

のエントリーがある・・・なじぇ?



このアドレスってWindowsとかでDHCP自動取得失敗したときに
勝手にクライアントに振られるIPアドレスの体系だなぁ。
APIPA (Automatic Private IP Addressing)というものらしい。
【参考URL】http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/77/56265677.html
Fedoraでも実装するようにしたのかな?

これを回避するには

/etc/sysconfig/network
を編集して
NOZEROCONF=yes
と追記してリブートすればOK

見事に消えました。

FedoraだけでなくRHEL3.0とかでもこの現象はでるらしいです。
私は気持ち悪いルーティングテーブルは不要なので、
この設定がすき。

関連記事
Linux | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - ちょっとした設定
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2005/06/22(水) 13:23)

<<騒音マシン | ホーム | とりあえずFedoraCore3インストール>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/2-24f889e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。