ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

ひさびさにRHELインストール
ひさしぶりに RedHat EnterpriseLinux ES
をインストールした。

Versionは3。
ってもう4がでて暫く経つのになんで3かなぁ。

やっぱKernel2.4系はもう古臭くなってきたかな。
インストール作業に関しては別にたいしたことはなかったけど、
vsftpdの設定でちょっと悩んだ。
んで、設定に関するメモ。




chkconfig --level 345 vsftpd on なんてのは前提ってことで。

まぁ、rootユーザーで ftp 使いたかっただけなんだけど
どうやったらできるのかわかんなかったので調べてたら

/etc/vsftpd/vsftpd.conf と
/etc/vsftpd.ftpusers と
/etc/vsftpd.user_list の
設定がいるようで。

まず。
/etc/vsftpd.ftpusers はログインできないユーザーを
書くところなので、デフォルトだとrootのエントリーがあるので
#でコメント、えい。

/etc/vsftpd/vsftpd.conf の項目で
userlist_deny=YES となってるので、これだと
/etc/vsftpd.user_list に書いてる人はログインできない。

よって /etc/vsftpd.user_list のrootのとこも#でコメント、やっ。

で、サービス再起動、それっ。
(ちなみにめんどくさかったのでGUIでサービス再起動)
無事にrootユーザーもでftpが使えるように。
めでたしめでたし。

Googleで検索したら一発ですけどね。

関連記事

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

Linux | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - ひさびさにRHELインストール
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2005/12/08(木) 16:37)

<<Firefox 1.5 release | ホーム | SolarisのNTP>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/14-f04be9da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。