ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

SolarisのNTP
そんなに難しいことはないけど、
Linuxとはちょっと違う。ほんのちょっとだけ。

サーバーやクライアントの設定はたいしたことがないのですが、
slewモードの設定が微妙にちがう。



で、slewモード(徐々に時刻を合わせる)の設定

デフォルト(stepモード)だと一気にNTPサーバーと同期しちゃうので
DBサーバーとかsyslogサーバーみたいな
タイムジャンプが激しいと問題になるケースで使う。
slewモードを使っても1秒間に0.0005秒しか修正されないそうで、
補正に何日もかかる場合がある。
ちなみにslewモードで1日の補正可能時間は43秒らしい。

Linuxとか普通(?)のxntpdなら、xntpd -x ってオプションで
起動すればいいらしいけど、Solarisの場合は man xntpd で
確認しても -x のオプションは無いのよねぇ?


そこでどうすればいいかと言うと

/etc/inet/ntp.confに

slewalways yes
disable pll

の2行を追加すればいいみたい。
このことはxntpdのPatchのReadmeに記述されてる。

ので、要 Patch適用。

Solaris 2.6 : Patch-ID# 107298-03以上
Solaris 7 : Patch-ID# 109409-04以上
Solaris 8 : Patch-ID# 109667-04以上

Solaris 9 はman xntpd に slewalways の設定項目のことが
記述されてるので最初から想定してるみたいね。

Solaris 10 はわからんけど 9 準拠かな。Linuxチックだから
もしかしたら -xオプションあったりして。(未確認)


関連記事

テーマ:サーバー - ジャンル:コンピュータ

Solaris | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - SolarisのNTP
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2005/10/28(金) 14:49)

<<ひさびさにRHELインストール | ホーム | DHCPクライアント?>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/13-444c80e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。