ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

VMware ESXi 4.0 にアップグレード
自宅のESXiを3.5から4.0へアップグレードしました。

起動USBを作り直してもよかったのですが
vSpere Hpst Update Utility を使えば
設定はそのままでアップグレードできるのでチャレンジしました。

こちらのサイトに詳しく画像付きで掲載されているので
詳細割愛。非常にためになりました。




vSphereClientだとESX/ESXi3.5へ接続できなくて
VIClientを混在させなきゃいけないのが、ちょっとアレですね。
(vSphereClientからESX3.5に繋ぎにいくと
 VIclientのインストーラーを実行するかDLして保存になる)
一度メンテナンスモードにできればVIClientは要らなくなるし、
sshで入ってコマンドでメンテナンスモードにすればいいのか。
今度調べてみよう。

ちなみに、今まで管理マシンはWindows2000で
VIClient使ってたのですが
vSphereClientは2000にインストールできません。
なので管理マシンからかえなきゃいけなかったという・・・
しょうがないので仮で2003の評価版を代用しました。
・・・XPがほしくなってきました。


さて、アップグレード中は何度かESXiが再起動されます。
モニタレスな環境でやってると大丈夫か?と心配になりますが、
暫くしたら終わってました。


ゲストOSの選択肢が増加してますね。
Windows7や2008R2なんかも実験的ですが使えるようです。

VMwareToolsも更新しないと。ゲストが多いと大変かも。
UpdateManagerだと簡単なのかなぁ。


関連記事

テーマ:VMware - ジャンル:コンピュータ

仮想化技術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - VMware ESXi 4.0 にアップグレード
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2009/06/23(火) 21:08)

<<MCITP Server Administratr 取得 | ホーム | WindowsServer2008の試用期間をのばす>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/119-53e06222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。