ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

VCP310受験してきた
VMwareの認定資格である、VCP310
VMware Certified Professional on VI3)
を受験してきて、合格できた。



メーカーのページにもありますが、
VCPはVMware社のトレーニングコース(基礎編のInstall &
Configure か、応用編のDeploy Secure & Analyze)
の受講に加えてピアソンVUEでの試験で70%以上の点を
とることが必要です。受講代は30万円くらいするので
個人でってのはしんどいですね。(もちろん私は会社負担)
試験代は税込み23,100円、講義とは別料金。

講義内容とポイントをおさえとけば、、
なんて言われてましたがねー、非常に難しいです。ほんと。


これから受験される予定の方は講義中に試験対策ポイント
として教えて貰ったことがそんなに出題されてなかったり、
とかするので講義のテキストだけでなく、ここにある
各種ドキュメントに一度目を通されることをおすすめします。
試験範囲は広いです。(試験結果みたらセクションが29項目ある)
この手の試験ではよくある日本語試験は変な訳されてる、
ってのも多くあったので難解だった気もしましたけどね。

しかし、VI3用の資格なので次期バージョンvSphere4.0以降が
でたら意味無しになっちゃうのかなぁ。


関連記事

テーマ:VMware - ジャンル:コンピュータ

仮想化技術 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - VCP310受験してきた
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2009/04/22(水) 00:31)

<<VMware vSphere4 正式発表 | ホーム | オラクルがサンを買収。>>

コメント
コメントの投稿
記事に無関係なアダルトサイトの紹介などはご遠慮ください。
削除させていいただく場合があります。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://spacesheriffsharivan.blog9.fc2.com/tb.php/114-bc4fe52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。