ぺんぎん戦記
   Linux&VMware&Solaris活動日記。でもメイン使用はMacOSX。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

 

VMwareでお役立ち

第3版は5.1に対応。

Hyper-Vの教科書でた

スマートフォンに欠かせない

Windowsも勉強しよう

最近のトラックバック

リンクいろいろ




お気に入り

このブログをリンクに追加する

プロフィール

じょにーパン

  • Author:じょにーパン
  • lsをslとよく間違えちゃう。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - スポンサーサイト
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(--/--/--(--) --:--)

WindowsServer2008を試したい
WindowsServer2008の評価版がMSのダウンロードセンターから
手に入れれるようになったみたいです。

ここから↓

WindowsServer2008評価版



理由あって2008(略したらw2k8ですかね?)をインストールとか
しなきゃならんのでなんとなく助かります。
最長で240日も評価期間をのばせるそうです。
試すだけなら正規ライセンスいらないじゃん、ホントに。

システム用件を見る限りだと、VMwareとか仮想環境でも
スペック的には突っ込めそうなので、とりあえずうちの
Parallels(いまだに2.5ですが)でインストール中。


[WindowsServer2008を試したい]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

Windows | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - WindowsServer2008を試したい
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2008/03/24(月) 01:19)

Solaris10でIPMPを使う
SolarisでNICの冗長構成をするには
IPMP(IP Network Multipathing)の機能を使う。
Solaris8から標準機能で搭載されているけど、
Linuxのbondingなんかと比較したらとっても使いにくかった。

2つのNICでActive-Standby構成にするには同一サブネットの3つの
IPアドレスが必要(Active-Activeなら4つ)、加えて各NICが有効かの
チェックはデフォゲorマルチキャスト応答先にpingが通らないとダメ、
ping応答がない場合はグループに属するNICが全部downしちゃう、とか。
よくよく考えるととっても不便。

ところがSolaris10からは検査用IPアドレスとかpingを使わないで
NICのリンクが上がっていれば大丈夫な設定ができるようになった。
すごい進歩だ。っていうか最近までしらなかった。びっくりだ。

一応、NICドライバがリンクベースの障害検出をサポートしている
ってのが前提になります。
[Solaris10でIPMPを使う]の続きを読む

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

Solaris | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0| このエントリーを含むはてなブックマーク |はてなブックマーク - Solaris10でIPMPを使う
サーバー構築・運用ブログランキングへ →人気ブログランキングへ
(2008/03/08(土) 21:53)

copyright © 2005 ぺんぎん戦記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。